トップイメージ

日本小児病理研究会 JSPPのご案内

日本小児病理研究会は小児病理学に興味を持つ病理医、臨床医などの全国的な集まりです。学術集会の開催の他、国内外の関連団体との協力、活動を通じて、小児病理の研究報告、および情報交換の促進を目指しています。オープンな会ですので、興味ある方は是非ご参加ください。 

入会案内(PDF)
入会申込書(PDF, word)

1.第36回日本小児病理研究会学術集会ならびに2016年小児腫瘍症例検討会

第36回日本小児病理研究会学術集会

日 時:2016年8月27日(土)12:30〜18:00(予定)
会 場:九州大学医学部 中央会議棟 多目的会議室
世話人:小田義直(九州大学大学院医学研究院形態機能病理学)
内 容:主題 骨軟部腫瘍
・教育講演:骨軟部腫瘍の臨床と病理
遠藤誠先生(国立がん研究センター中央病院)
松山篤二先生(産業医科大学)
・シンポジウム:横紋筋肉腫-臨床と病理の最前線
木下義晶先生(九州大学小児外科学)
北條洋先生(会津医療センター)
久田正昭先生(九州大学小児外科学)
・小児病理診断講習会:横紋筋肉腫
検鏡時間 8:00-10:00、症例解説 10:00-11:00(予定)
参加費:3,000円
演題発表の申し込み・問い合わせ先:
・演題名(主題か一般演題かを明記)、出題者、所属名、抄録(600字以内)をMS wordファイルまたはテキストファイル形式にて、下記メールアドレスにお送りください。
・申し込み締め切り:2016年7月29日(金)必着
・九州大学大学院医学研究院形態機能病理 孝橋賢一
電話: 092-642-6061
E-mail: contact@surgpath.med.kyushu-u.ac.jp
〇生涯学習単位として、日本病理学会病理専門医資格更新単位(参加5 単位、筆頭発表2 単位)、日本専門医機構専門医資格更新単位(学術業績・診療以外の活動実績)(参加1 単位、筆頭発表1 単位)が認められています。

2016年度小児腫瘍症例検討会

小児腫瘍症例検討会を、第36回日本小児病理研究会の開催に合わせて下記の通り開催いたします。本会では稀な小児腫瘍や診断困難例のみでなく、典型的な腫瘍も提示されます。症例のプレパラートを当日も閲覧可能で、その所見を基に討議する会で、病理医のみでなく、小児病理に関心を持たれている臨床医にも広く公開されています。
日 時:2016年8月26日(金)13:30-18:00(予定)
会 場:九州大学医学部 中央会議棟 多目的会議室
主 催:日本病理学会小児腫瘍組織分類委員会
内 容:
・2016年度小児腫瘍症例検討会(例年約25症例)
・教育講演
小児・若年者の消化管腫瘍の病理-間葉系腫瘍、ポリープ性病変について
山元英崇(九州大学形態機能病理学)
参加費:1,000円
問い合わせ先:
神奈川県立こども医療センター病理診断科 田中水緒
電話:045-711-2351
E-mail:mio@zc4.so-net.ne.jp
〇生涯学習単位として、日本病理学会病理専門医資格更新単位(参加5 単位、筆頭発表2単位)、日本専門医機構専門医資格更新単位(学術業績・診療以外の活動実績)(参加1 単位、筆頭発表1 単位)が認められています。
〇症例検討会終了後、合同懇親会を開催します。今回は事前予約制としますので、参加を希望される方は7 月29日までに連絡の方お願いします。
(連絡先:contact@surgpath.med.kyushu-u.ac.jp)

2.2016年小児腫瘍症例検討会・日本小児病理研究会学術集会 合同懇親会のご案内

ご案内はこちら

What's New

会報68号をアップしました

Copyright (C) 無料テンプレート005 All Rights Reserved.